ふるさと納税で
こども宅食を届けよう

寄付をする

日本の子どもの「7人に1人」、
ひとり親家庭の子どもは
2人に1人」が貧困状態にあり、
非常に厳しい状況です。

産まれた家庭によって
未来が左右されないよう、
こども宅食が
支援を届けていきます。

こども宅食って?

こども宅食は、経済的に厳しいご家庭に、食品を届ける事業です。
文京区6つの民間団体が協働して運営しています。

2017年10月に150世帯に対して事業を開始。2018年度は570世帯に、2ヶ月に1回ごとに自宅に食品を届けてきました。

こども宅食は、食品の配送が一番の目的ではありません。
食品の配送を定期的に行うことで、ご家庭を見守り、いち早く困りごとをすくいあげ、必要なサポートにつないでいくことを大切にしています。

寄付をする

こども宅食の特徴

数字でわかる
こども宅食の成果

こども宅食利用者からの声

寄付をする

ふるさと納税の使いみち

こども宅食は、ふるさと納税を原資に運営をしています。
返礼品競争の過熱が問題視されていますが、
こども宅食では、あえて返礼品を用意していません。
その分、すべての寄附金を事業の運営に使うことで、
ご家庭の暮らしに役立てていきます。

2019年度の
運営資金の使用目的

  • 食品をお届けするための配送準備および配送料金
  • ご家庭との連絡・問い合わせ対応や食品の寄附受付などを行うための人件費
  • 配送する食品の購入費(食品の多くはご寄附でいただいていますが、配送する食品のバランスを考えて、一部購入しています)
  • こども宅食の成果を測る、社会的インパクト調査を行うための調査費
  • ご家庭とのLINEでのやり取りをスムーズにするためのシステム改修費
  • こども宅食の活動を周知し、支援の輪を広げるための広報経費
  • その他事務局運営費用

寄付をする

実は手続きも簡単、
たったの3ステップ!

  1. Step1必要情報を送信
  2. Step2クレジットカード決済
  3. Step3必要書類を
    提出したら完了!

寄付をする

たくさんのパートナー団体
にご支援いただいています

よくある質問

SNSで応援!

FacebookやTwitterなどこども宅食のSNSアカウントをフォローして、流れてくる投稿への「いいね」「RT・シェア」「#こども宅食」のハッシュタグを入れた投稿などでご協力下さい。
ブログ記事を書いて頂くことも歓迎です!