こども宅食を支えるチームに新しい仲間が増えました。西濃運輸さんによる箱詰め作業レポート

198view

2018.07.20

Chie Degawa
出川千恵
NPO Florence

NPO法人フローレンスで、「こども宅食」を担当。全国展開を担っています。

昨年の10月に配送が始まり、2ヶ月に1回のペースで食品の配送を行っている「こども宅食」ですが、6月も無事、約450世帯にお届けできました!

昨年は150世帯分をご用意したところ、450世帯のご家庭からお申込みいただき、抽選となってしまいました。

必要とされる全てのご家庭に食品をお届けしたい

そんな思いから、今年の4月からは昨年の3倍のご家庭の、450世帯分をご用意してお届けしています。

4月から150世帯から450世帯に一気に規模を拡大してお届けするのは、簡単なことではありませんでした。

食料の手配から、箱詰め作業、ご家庭への配送……と、こども宅食コンソーシアムを構成する各団体が、アイデアを出し合って、1世帯でも多くのご家庭に届けられないか、と対応してきました。

配送プロセスの検討もさることながら、こども宅食の理念に共感してくださった企業から、食品のご提供をいただけるケースも増えてきました。そのおかげもあり、今年度からは無事に450世帯にお届けできる体制を整えることができました。寄付していただいている企業の皆様、いつも本当にありがとうございます。

新しい仲間が増えて、箱詰め作業がパワーアップ

前回までは箱詰め作業を、ボランティアのみなさんとに一緒おこなってきました。

今後さらに配送世帯数を増やしていくことを見越して、今回からパートナー企業の西濃運輸株式会社(以下、西濃運輸さん)で対応することになりました。

西濃運輸さんの倉庫での箱詰め作業の様子はこちら。。

 

当日は、担当のみなさんが黙々と、手際よく作業をされていて、どんどん箱詰めができていく様子に驚きました!

4月までは1日かけて450世帯の食品を箱詰め作業していたのですが、西濃運輸さんにお力添えいただいたおかげで、今回は5時間で作業を終えられました。西濃運輸さん、ありがとうございました!

お届け終了後、今回もさっそくメッセージをいただいています

ご利用家庭からの喜びの声をご紹介します。(原文ママ)

宅食、大変嬉しいです😆
正直、頂ける物は何でも有り難く、 何が届くかのちょっとしたワクワク感もあり、楽しみの一つになってます😊
前回、絆創膏など日用消耗品も頂き、大変嬉しかったです

ありがとうございます😊 是非、今後も続けて頂きたいです! 宜しくお願い致します

今回も本当に「沢山の贅沢品」と溢れまくりの感謝の気持で一杯です。
大切に御賛同ご寄付頂いてる方々にも心で手を合わせ生活に活かせて頂きます。
本当にこの度も心から有り難うございます。
子供宅食の皆様も時節柄体調には十分お気を付け下さいね!!
この度も心から有り難う御座いました。

こども宅食は温かな手を差し伸べてくださってる、見守っていただいている、と孤独な気持ちが励まされ、仕事や家事へのやる気が湧いてきます。簡単に崖っぷちになるのが、シングルマザーの現状だと思います。

折れそうな気持ちを都度奮い立たせることがどれだけ大事かを実感しながら生きてきました。こども宅食は、大変尊い活動だと思います。食材の確保、梱包、配達と、活動に携わる方々の思いやお手数を想像しますと、改めて深く感謝と御礼を申し上げます。

また、活動の継続や拡大がどんなに大変なことかと推察いたします。

今はこうしてアンケートを答える程度のご協力しかできてませんが、何か自分にも出来ることがあれば、呼びかけていただければと思います。

これからも利用家庭のご期待に応えられるよう尽力していきます。

「こども宅食」では、引き続きご寄付を募集しています。

あなたのできる手段で「こども宅食」の仲間になってください!

「こども宅食」の詳細と応援はこちらから

法人として、食品などの現物寄付や活動資金のご寄付をいただける方を募集しています。

「こども宅食」法人協力問合せフォームはこちらから

これからも、より利用家庭のご期待に応えられるように、尽力していきます。