ご家庭から届いたのは「子どもが喜んでくれる食品を増やしてほしい」という声

945view

2019.04.19

こども宅食事務局

こども宅食事務局が、こども宅食の歩みや、子どもの貧困についてのニュースをお届けします!

こんにちは。公園にはタンポポが咲き、あたたかい毎日が続いています。

新年度が訪れ、春は楽しいことや新しいことがあふれている反面、子どもたちも保護者の皆さんも、気づかないうちに、身体や心に力が入りすぎてしまう時期でもあります。

そんな時期に少しでもご家庭の力になれるように、こども宅食の運営チームは試行錯誤をしています。

ご家庭のニーズに合う食品をお届けするため、配送後に食品のアンケートを取ってみました。

先日、2019年2月の配送アンケートをとりまとめました。今回は、363世帯がアンケートに協力してくれました。その結果を一部紹介します。

お届けした食品への満足度

まずはお届けした食品への満足度を聞いてみました。

その結果、約95%のご家庭が「非常に満足」「満足」と答えてくれていました。

お届けした食品に満足されている方が多く、一安心しました。

 

こども宅食には、これまで45社の企業・団体が食品や物品などを寄付してくれています。

ご家庭が喜ぶ顔を思い浮かべながら、ご寄付いただく物品を選んでくださった、寄付企業・団体の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

食品へのご要望

アンケートの中では、お送りする食品へのご要望も伺っています。

半数以上の方が「そう思う」「ややそう思う」と答えたご要望をグラフにまとめました。

 

特に多かったのは「子どもが食べられるものや、喜ぶものを増やしてほしい」「普段からよく食べるものや使うものを増やしてほしい」というご要望でした。

こども宅食の運営メンバーも、ご寄付いただいた食品を見ながら、一部の食品を買い足しています。今後も、ご家庭の声を参考にしながら、ニーズに合う食品を選んでいきます。

ご家庭で役立った食品

具体的にどういった食品が役立ったのかも、併せて聞いてみました。

特に回答が多かった5つの食品をグラフにまとめました。

お米やスパゲッティなどの主食に加えて、簡単に調理ができるパスタソースやシチューの素などが人気でした。

ご家庭からは、過去にも、このような声をいただいていました。

「レトルト食品は、子どもが留守番の時に簡単に食べられるのでありがたいです。また、親としても、すぐに使えるものが届き、ありがたいです」

「何よりお米が一番うれしいです。子どもたちが食べ盛りなこともあり、日持ちのするスパゲッティやレトルトソースは本当に役に立ちます 」

引き続き、お子さんも保護者の皆さんも食べやすい食品をお届けしていきます。

食品や資金寄付を募集しています

こども宅食でお届けしている食品の多くが、企業や団体からのご寄付です。

できるだけ、ご家庭の希望に合った食品をお届けしたいのですが、570世帯分の食品を集めることは容易ではありません。現在も必要に応じて、食品を買い足している状況です。

今年度は、給食がない夏休みにも食品の配送を行うことから、例年以上に食品が必要です。

そのため、引き続き、食品のご寄付を大募集しています。

特に以下の食品が必要です。
・お米
・スパゲッティ等の麺類
・レトルト食品
・合わせ調味料(混ぜるだけで簡単なおかずができる商品)

ご協力いただける企業・団体の方は、こちらよりご連絡ください。

こども宅食の食品・物品寄付の問い合わせはこちら

また、こども宅食では、ふるさと納税を運営資金として、活動を行っています。

「食品寄付はできないけど、何か力になりたい!」という方は、ふるさと納税をお願いします。

2019年4月には、さらに活動を前進させるため、ふるさと納税での新たなクラウドファンディングを開始しました。

目標金額6000万円と非常に高い壁ですが、ぜひ応援をお願いします。

こども宅食のふるさと納税での応援はこちら