給食のない夏休み。こども宅食7月臨時便のお届けで笑顔に。

Akari Masuda
増田 朱里
NPO Florence

NPO法人フローレンスでこども宅食のカスタマーサクセスを担当しています。

こども宅食は通常2ヶ月に1度の配送ですが、今回は初の試みとして、7月に夏の特別便をお届けしました!

今回、7月に特別便をお届けしたのは、利用家庭の生活に負荷がかかりやすい「夏休み」にも食品を届けたい!というコンソーシアムメンバーの強い想いがあったからです。

夏休みは、子どもたちにとって、1年間で1番長いお休みです。

学校に行かない時間は、子どもたちにとって、毎日友だちと遊んだり、自宅で過ごせる、とても楽しい時間でしょう。

しかし、「学校がない」ということは、「給食がない」ということ

学校では、毎日栄養バランスのとれた給食を食べられますが、夏休み中は、3食を家庭で取らなければなりません。食費が増え、家計を圧迫します。

また、夏休みになり生活リズムが乱れると、食事を3食とることも難しくなったり、ジャンクフードの利用も増え、どうしてもバランスが偏ってしまいます。

2009年に出版された『子どもの貧困白書』(明石書店)では「給食のない夏休みに、体重が減る子がいる」ということが言及されました。

また、新潟県立大の村山伸子教授らが2013年に実施したアンケート調査から、学校がない日は、学校がある日に比べ、子どもたちの朝食の摂取頻度が低くなることが分かりました。

低収入世帯は、低収入以外世帯と比べ、朝食の摂取頻度が低い傾向にあることも分かりました。

低収入世帯の子どもたちは、低収入世帯以外の子どもたちと比べ、野菜の摂取頻度が低いことも明らかになっています。

参考:「世帯の経済状態と子どもの食生活との関連に関する研究」2013年/新潟県立大学/村山伸子他6名
2人世帯の場合200万円以下、3~4人世帯の場合300万円未満、5~8人世帯の場合400万円未満、9人世帯の場合600万円未満を「低収入世帯」と分類。それ以外を「低収入以外世帯」と分類。

これらのことからも、子どもの貧困問題を考える上で、夏休みの食事問題への対策も重要だと、こども宅食は考えます。

そこで、夏休み中の食事の足しになるよう、ささやかですが、7月に特別便を届けることになったのです。

今回は、ご利用家庭にいつも喜んで頂いているお米をはじめ、こども宅食の配送を担うココネットから、直接お会いできた方限定ではありますが、ニンジンやピーマンなどの野菜もお渡ししました。

ココネットは、オーガニック野菜を生産している「株式会社モエ・アグリファーム」さんと連携しており、障害のある方々とともに、熊本で野菜を育てています。今回、ご利用家庭に生鮮野菜を食べて頂きたい!という想いから、野菜のお渡しが実現しました。

また、昨年に引き続き、セールスフォース・ドットコムさんから寄付して頂いた、図書カードも同梱しました。

読書感想文に必要な本や、受験勉強の参考書の購入などに役立てば、嬉しいです。

特別便の配送後には、ご利用家庭から、あたたかいメッセージがたくさん届きました。

昨日お届け頂いた荷物は、可愛い袋に入れて下さっていて、ほっこりした気持ちになりました。毎回、温かい真心を尽くしてくれる宅食に、心から感謝申し上げます。

特に、図書カードはとても喜んでいただけたようです。

図書券やお米など受け取りました。夏休みの読書感想文の本や、学童のお弁当に利用させていただきます。 

お米などとても助かります。また図書カードのプレゼントに驚きました。子どもと一緒に本屋さんに行き、絵本を選ぶ楽しみができました。

ホットケーキミックスも小学生の娘が大好きで、さっそく作って食べました。図書券のプレゼントも、大変喜んでます。 

(好評だった「ホットケーキミックス」を詰める様子)

こども宅食のお届けで、ご家庭にとって更に楽しい夏休みになれば、嬉しいです。

これからもみんなの力で、より多くの親子に笑顔を届けることができるよう、応援を宜しくお願いします。

親子の困難が放置されない社会へ。クラウドファンディング実施中!
↓寄付はこちらから

また、法人として食品などの現物寄付や資金寄付ができる方も引き続き募集しています。

「こども宅食」法人協力問合せフォームはこちらから

ふるさと納税で応援

伝えよう