「こども宅食」が生む、ありがとうの連鎖。

474view

2019.11.02

こども宅食事務局

こども宅食事務局が、こども宅食の歩みや、子どもの貧困についてのニュースをお届けします!

こども宅食は、食品配送をきっかけに安心したつながりをつくり、必要な支援につないでいくことを目指す事業です。
多くの方のご寄付や企業の食品ご寄付等、皆様のお力によって、支えられています。


こども宅食の活動を知り、共感してくださった寄付者の方からは、このようなお言葉を頂いています。

【寄付者の皆様のお声】

・こどもが、おなかいっぱいごはんを食べられますように。

・世間がきらびやかになる12月。美味しいごはんを食べてね。

・こどもはどの家に生まれても幸せになる権利をもってる。この取り組みは、それを当たり前の現実にする第一歩。

・孤立している家庭に、寂しさに耐えているこどもたちに、早く気づいてあげてほしい。

・こどもの命、笑顔、幸せにつながりますように。

そして今回ご紹介するのは、ご利用家庭から日々頂く、感謝のメッセージです。

【ご家庭の声】

・いつもながら種類も豊富で楽しみに待った甲斐があります!

・上の子のお弁当作りも始まるので、お米やおむすび山なども大変助かります。

・毎回、子供と一緒にキャッキャ言いながら袋から出してます。

・たくさん届いて驚きました。
正直、なんだか申し訳ないような…こんなに頂いてよいのかな…と思ってしまい、でも助かるきもちもあり感謝しています。ありがとうございました。

・いつもありがとうございます。昨日お届け頂いた荷物には、可愛い袋に入れて下さっていて、ほっこりした気持ちになりました。

・毎回、皆さまの温かい真心を尽くして頂いている宅食に心から感謝申し上げます。スタッフの皆さま、いつも本当にありがとうございます。

・毎回とても助かりますし、ありがたいです!

また、企業からご寄付頂いているのは、食品のみではなく様々な体験をする機会提供もあります。

日本サッカー協会様からは「日本サッカーミュージアム」ご招待チケットをご寄付頂きました。

参加されたご家庭からは、このようなメッセージが届きました!

先日はサッカーミュージアムの招待券を送ってくださりありがとうございました。昨日行って来ました。子どもがサッカーなどスポーツを見るのも運動するのも大好きなので喜んでいました。写真を撮ったり試合を見たり記念品など見たりなど楽しんでいました。夏休みの宿題の絵日記にも書いていました。なかなか色々なところに連れていってあげられないので,招待していただいてとても感謝しています。夏休みの素敵な思い出をありがとうございました。

とても嬉しいメッセージでしたので、ご招待頂いた日本サッカー協会様にお伝えすると、このようなお返事が。。

嬉しい情報ありがとうございます。早速関係メンバーに展開させていただきました。(感動しちゃいました。)こういった一つ一つの取り組みで、喜怒哀楽が生まれると嬉しいですね。引き続き、よろしくお願いいたします。 [日本サッカー協会様]

コンソーシアムのメンバー一同、企業とご家庭からこのようなありがたいメッセージを頂くことができ、相互作用で「ありがとう」の連鎖が生まれている現場にいられる事に、とても幸せを感じています。

いつも本当にありがとうございます!

こども宅食は、返礼品なしのふるさと納税を活用して事業を運営しています。

現在、達成率が約30%と厳しい状況です。ぜひ応援をお願いします!

ふるさと納税で応援

伝えよう