「あったかハートになれる寄付」こども宅食に寄せられた、温かい想い

456view

2020.01.21

こども宅食事務局

こども宅食事務局が、こども宅食の歩みや、子どもの貧困についてのニュースをお届けします!

文京区こども宅食3年目の挑戦、無事に目標額6,000万円を達成することが出来ました。

1,000人を超える多くの皆さまのご支援・ご協力誠にありがとうございました!

昨年度は、事業開始から3年目ということで、これまでご支援くださった方に加えて新しく関心を持っていただくためにも、どうしたらもっとこども宅食の活動が伝わるか?と、試行錯誤の日々でした。

関心をお寄せ頂いた方々から、こども宅食について、「具体的にどんな活動をしていますか?」というお声も頂くので、より分かりやすくお伝えするためマンガ・動画を作り新しい切り口でお伝えする工夫をしました。

そして、広報活動を通じて寄付者の皆さまとコミュニケーションをとるなかで、思わず胸が熱くなるような、お声や想いを聞くことがあります。本当に、皆さまのお気持ちがあって運営できていることを実感しています。心より、御礼申し上げます。

それでは、こども宅食の活動をお伝えする2019年広報の動きと、皆さまから頂いた応援メッセージをご紹介します。

「マンガでわかるこども宅食」作成

動画【90秒でわかる】親子を支える「こども宅食」

テレビでも取り上げられました!

NHK総合19:00~19:30のニュース7にて、こども宅食を取材いただきました。

テレビ朝日ワイドスクランブルではクリスマス配送を取り上げて頂きました。

「こども宅食」クリスマスプレゼント 東京・文京区

▶テレビ朝日 公式サイト 記事はこちら

アニュアルレポートをお届けしました

2017年からご支援してくださっている寄付者のみなさまに、実績などの活動報告をまとめた「アニュアルレポート」をお届けしました。

お届けしてすぐに、SNSではこども宅食を応援する声とともに「届いたよ!」の報告をたくさんいただきました。

Twitterでも素敵な応援コメントが届きました

これら広報活動を通じ、寄付者のみなさまから寄せられた声の一部をご紹介します。

「最も満足度が高かったのは、東京都文京区のこども宅食」という嬉しいお言葉

「返礼品は無いけどあったかハートになれますよ!!」

「何ももらわないけれど、使いみちを指定して納税するっていうのみんなに知ってほしい」

日々、みなさまの思いに支えられて「こども宅食」は活動できていることを実感しました。

2019年は食品に加え、日帰り温泉やコンサートのご招待など、様々な形で多くの応援をいただきました。

みなさまの思いを大切に、より良い事業にしてまいります。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ふるさと納税で応援

伝えよう