「家族で話す時間が増えました」利用者さんからの温かいメッセージと共に、2月のこども宅食をご紹介!

こども宅食事務局

こども宅食事務局が、こども宅食の歩みや、子どもの貧困についてのニュースをお届けします!

文京区「こども宅食」は、文京区にお住まいの経済的に厳しいご家庭に、2ヶ月に1回食品などをお届けすることをきっかけにゆるやかにつながり、見守り、必要な支援につなげていく事業です。

1月には、新型コロナウイルス感染症対策第6弾として、文京区こども宅食としては初めてとなる、冷凍品を含む「1月特別便」をお届けしました!
「1月特別便」の配送報告はこちらから

2月は、2ヶ月に1回の定期配送のお届け月です。
新型コロナウイルス感染症の影響も落ち着くことがなく、まだまだ不安な日々が続いているように感じます。

少しでも明るい気持ちになっていただければと想いを込めて、695世帯に2月の「こども宅食」をお届けしました。

それでは内容を紹介します!

◎お米…2月便では合計3kgのお米をお届け
◎スープや缶詰…時短で準備ができるような食品類
◎お菓子…干し芋チップスやチョコレート、ガムなど疲れた時にホッとできるようなラインナップ
◎豆乳…牛乳より賞味期限も長い豆乳を今回選びました
◎化粧品…乾燥しがちな時期にも大活躍の化粧水や保湿クリーム

今回お届けした食品等は総計約4,500kg!各ご家庭に約6.3kg分の食品等をお届けしました!

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、こども宅食でお届けした食品や日用品を活用していただき、元気に過ごしていただければと思います。

利用者さんから温かいメッセージをいただいたので、ご紹介します!
(いただいたご感想を一部加工して掲載しております)

「家族で話す時間が増えた」「子どもが喜んでいた」などの感想もいただき、こども宅食をきっかけにご家庭に笑顔の瞬間がより多くなっていると嬉しいです。
ご紹介した以外にも、たくさんの温かいメッセージをいただいており、スタッフ一同、活動の励みとなっております。

今回お届けした2月のこども宅食が、ご家庭の支えに少しでもなれていると嬉しいです!

ふるさと納税でのご支援ありがとうございました!

文京区こども宅食では、2021年4月からガバメントクラウドファンディングを行っております。

850名以上の方々にご支援いただき、目標額4,740万円を達成することができました。ふるさと納税で、こども宅食の活動をご支援いただいた皆様に深く感謝申し上げます。

2022年も、より良いこども宅食にしていけるよう、スタッフ一同力を合わせて取り組んでまいります。
引き続き応援よろしくお願いいたします!

参加しよう

伝えよう