98%のご家庭が満足と回答!こども宅食満足度調査

633view

2020.07.07

こども宅食事務局

こども宅食事務局が、こども宅食の歩みや、子どもの貧困についてのニュースをお届けします!

2020年5月に満足度調査を実施しました

文京区こども宅食では、2020年5月にご利用世帯に対し「満足度調査」を行いました。

今回は、前回の2019年12月に続き、配送対象世帯(611世帯)へアンケートを実施し、71.2%(435世帯)の回答をお寄せ頂きました。

前回の2019年12月実施時より回答率は28.5%上昇(前回42.7%)し、98.2%のご家庭より「満足している」という回答を頂きました。

食品満足度アンケートの概要

  • 実施期間:2020年5月 
  • アンケート方法:メールとLINEで発信(配送後1回実施)
  •  発信対象者:配送対象世帯(611世帯)
  •  回答率:71.2%(435世帯/611世帯)※5/18現在

      ※前回の2019年12月実施時より28.5%上昇(前回42.7%)

コロナ対策の緊急支援と、寄附企業の想い

新型コロナウイルス感染症対策に伴う、2月末の全国一斉休校措置、4月の緊急事態宣言による休校延長により、2020年春はこども宅食の利用世帯にとっては厳しい生活が続きました。

ご家庭で過ごす時間が長くなる状況を踏まえ、こども宅食コンソーシアムでは2ヶ月ごとの定期配送の他に3月に「臨時便」を(※1)、5月にはおこめ券とQUOカードの配送を(※2)実施しました。(QUOカードは文京区から依頼され、一緒にお届けしました)

※1 休校措置で困難に直面する親子を支える「こども宅食」臨時便

※2 こども宅食緊急支援でお届けした、おこめ券とQUOカード。嬉しい感想を頂きました!

4月には通常通り、定期配送を実施しています。

大変な状況に関わらず「こんなときだからこそ」と、数多くの企業・団体から食品や日用品など様々なご寄附をいただきました。

「ご利用世帯の笑顔になれば」と想いが集まった食品はなんと、33種類でした!いつもと変わらないこども宅食を。約620世帯に4月便をお届けしました。

 

98%のご家庭から満足と評価いただきました

そして、この度こども宅食を利用するご家庭への満足度調査にて、98.2%のご家庭から「満足」と回答を頂きました。(「とても満足」または「やや満足」)

「満足」を選んだ理由を伺うと、「入っている食品の種類に満足したから」「入っている食品の量に満足したから」の配送内容に関するものと並んで「食品を受け取ること自体が嬉しいから」が多く選ばれていました。

食品のお届けを通じて人と人とのつながりを感じられることが、高い満足度に繋がっているようです。

「外出できない期間でも、姉弟で分け合い笑顔がこぼれました」

そして、嬉しい感想も非常に多く頂きました。食品への感謝の言葉に加え、食品を寄附いただいた企業や、こども宅食コンソーシアムへの「ありがとう」「助かります」といったコメントが多数寄せられています。ほんの一部をご紹介します。

  • 子どもが喜ぶものがたくさん入っていました!
  • 保育園休園となってしまい、満足に買い物に出られなくなってしまったため今回はしみじみと助かりました。
  • いつもありがとうございます。宅配は親子でとても楽しみにしています。日用品なども届けて下さり感謝の気持ちでいっぱいです。
  • 中学、高校と食べ盛りの男子がいるのでお米もお菓子も大変助かります。コロナウィルスの拡散で諸々の不安がある中、梱包・配達していただいたスタッフの方にも感謝しております。
  • お米は嬉しく、お菓子も普段自分では買わないものばかりで嬉しかったです。
  • いつもありがとうございます。子ども達もなかなか外に出れず。悶々としてる中、とても楽しみにしています。今回も姉弟で分け合いながら、笑顔がこぼれていました。
  • コロナの影響で仕事も減ってしまい、今回の宅食はいろんな意味で明るい気持ちにもなり助かりました。
  • 休校で給食がなく、食べやすい物中心で助かりました。お米は大変ありがたいです。シャンプーなどの生活用品もあり、重宝していてます。
  • 今回は3月に続き、内容がとても充実していてこれだけの品数を手配してくれた方々に感謝します。運動量が減っても成長期の子ども3人の食欲を支えるにも限界があり、困っていたので有りがたく頂きます。
  • この大変な時期に、たくさんの食品をいただくことがどれほどありがたいか。ご寄付くださった方々のご厚意に、親子共々、感謝でいっぱいです。

本当にたくさんの、数えきれないほどの「ありがとう」が寄せられました。

運営側にとって心がぽかぽかになる内容の満足度調査となりました。いつもご支援くださる皆様のおかげで多くのご利用家庭に喜んでいただいています。本当にありがとうございます!

多くの皆様の日頃からの”応援”が、子どもたちの支援に繋がっていく活動を見守って頂けると嬉しいです。

ふるさと納税によるクラウドファンディング概要

追い詰められるその前に。命をつなぐ「こども宅食」で親子の笑顔を守りたい

URL https://www.furusato-tax.jp/gcf/782

寄付募集期間 2020年4月3日~2021年3月31日

目標金額 49,800,000円

【こども宅食】

生活困窮世帯の子育て家庭に2ヶ月に1度、食品等を直接配送し必要な支援に繋げる取り組みで、2017年10月に文京区が開始しました。ふるさと納税による寄附を原資に、返礼品は用意せず、全額を事業運営に充てるもので、自治体・NPO等がコンソーシアムを形成して事業展開をしています。現在、文京区内の就学援助世帯など600世帯を超える家庭が利用しています。

 

【こども宅食コンソーシアム】

構成団体:認定NPO法人フローレンス、一般社団法人RCF、NPO法人キッズドア、NPO法人日本ファンドレイジング協会、一般社団法人村上財団、西濃運輸株式会社(ココネット)、文京区

設立:2017年10月

事業内容:官民協働の取り組みで、文京区内の18歳以下の子どもがいる生活困窮世帯(児童扶養手当受給世帯、就学援助利用世帯など)のうち、希望する世帯に食料等を配送する。

URL:https://kodomo-takushoku.jp/

お問い合わせ先はこちら

プレスリリースはこちら

 

参加しよう

伝えよう